症状から、ある程度の診断はかのうですが、MRIをすると他の疾患との鑑別もでき治療計画も立てやすくなります。左上の”腰椎MRI”画像では正常椎間板は白っぽく、変形椎間板は黒っぽく写し出され、神経を圧迫しています。