トップページ
院長挨拶
院長挨拶
院長プロフィール
自然治癒能力の向上を目指して
院内紹介
当院のご案内
アクセス
リハビリスタッフ
ペインクリニック 適応疾患・診断コーナー
メディカルフィットネスクラブ ウェルネス葛西
医療法人社団順公会 白石整形外科内科クリニック 03-5679-5711 〒134-0083 東京都江戸川区中葛西5-41-16 フローラル中葛西V 1F
腰(こし)

下記疾患が腰部硬膜外ブロック、神経根ブロック、椎間関節ブロック、坐骨神経ブロックの適応となります。

1. 急性腰痛症(ぎっくり腰)

重量物挙上、急激な動き、あるいは日常動作時に起きる急激な腰痛を急性腰痛と呼んでいます。 原因は、腰椎椎間板ヘルニア、変形性脊椎症、椎間関節症、骨粗鬆症、筋筋膜性腰痛等があります。

2. 腰椎椎間板ヘルニア 腰椎椎間板ヘルニア

椎間板内の髄核が脱出し、神経根、硬膜、靱帯を圧迫刺激すると腰痛や下肢痛が出現します。 下肢症状(坐骨神経痛)として下肢の痛み、しびれ、知覚障害、筋力低下を伴うことがあります。

3. 腰部脊柱管狭窄症

先天的あるいは脊椎の変性により脊柱管が狭くなり、神経根や馬尾を圧迫し腰痛や下肢痛が出現します。 歩行時に徐々に痛みが増強しますが、少し休憩すると再び歩ける状態になります。

4. 変形性脊椎症

加齢により腰椎の変性、変形が起こると周囲の神経を刺激し痛みを生じ、慢性の経過をとります。 運動開始時や運動後に痛みが強くなります。

5. 腰椎分離辷り症

椎弓が上関節突起と下関節突起の間で分離したものを脊椎分離症といいます。 刺激により椎間板や靱帯が変性し、椎体が前方へ移動するのが分離すべり症です。 先天性素因のある人が激しい運動をすると発症しやすく、若年者の腰痛の大きな原因の一つです。

6. 椎間関節症

腰椎保持筋が弱くなると、椎間関節包の断裂や関節軟骨の変化が起こり、痛みを招くようになります。 お腹を突き出し反り返った姿勢の人は要注意です。激しい痛みが急激に起こります。

7. 骨粗鬆症

閉経後の女性では急激に骨量が減少し、60歳以上では30%の女性が骨粗鬆症になるといわれています。 圧迫骨折が起こると突然激しい腰背部痛が現れます。運動開始時にだけ痛みを感じることもあります。

8. 姿勢性腰痛症

腰椎の前彎や骨盤の前傾を強くした姿勢により、筋肉が収縮し疲労するために痛みを生じます。 原因は、妊娠、肥満、ハイヒール、柔らかなベッド、腹這いでの読書、平泳ぎ、職業的制約、癖等です。


腰痛は原因がはっきりすれば早めに痛みを取ることで筋力低下を防ぎ、すぐに社会復帰することができます。

ページの先頭へ移動する