トップページ
院長挨拶
院長挨拶
院長プロフィール
自然治癒能力の向上を目指して
院内紹介
当院のご案内
アクセス
リハビリスタッフ
ペインクリニック 適応疾患・診断コーナー
メディカルフィットネスクラブ ウェルネス葛西
医療法人社団順公会 白石整形外科内科クリニック 03-5679-5711 〒134-0083 東京都江戸川区中葛西5-41-16 フローラル中葛西V 1F
トップページ > ペインクリニック適応疾患・診断コーナー > 胸および全身(むね・ぜんしん)
胸および全身(むね・ぜんしん)

下記の疾患は『痛みの悪循環』を引き起こします。早期に交感神経ブロック(星状神経節ブロック、硬膜外ブロック)を受けることをお勧めします。

1. 帯状疱疹

水痘帯状疱疹ウイルスに初感染し発症する疾患が水痘(いわゆる水疱瘡)です。 このウイルスは水痘治癒後も体の中(特に神経節等)に潜伏しています。 体力の低下した時に、このウイルスが再び活動し発症する疾患が帯状疱疹です。 神経領域に沿った水疱と強い痛みが特徴的で、普通は水疱の消失とともに痛みも消失します。 水疱消失後も頑固な痛みだけが長年残ってしまう例があり、これを帯状疱疹後神経痛と呼んでいます。

[年齢] 全年齢層(特に50〜60歳代)
[症状] 神経領域に沿った皮疹と神経痛

2. 帯状疱疹後神経痛

特に60歳以上の高齢者では、帯状疱疹治癒後も痛みだけが持続することがあります。 帯状疱疹後神経痛が完成すると決定的な治療法がないため、早期除痛による予防が重要となります。 帯状疱疹に罹患したらなるべく早く痛みの治療を開始することをお勧めします。

ページの先頭へ移動する