トップページ
院長挨拶
院長挨拶
院長プロフィール
自然治癒能力の向上を目指して
院内紹介
当院のご案内
アクセス
リハビリスタッフ
ペインクリニック 適応疾患・診断コーナー
メディカルフィットネスクラブ ウェルネス葛西
医療法人社団順公会 白石整形外科内科クリニック 03-5679-5711 〒134-0083 東京都江戸川区中葛西5-41-16 フローラル中葛西V 1F
手(て)

下記疾患には血の巡りを良くする交感神経ブロックのなかで星状神経節ブロックが適応となります。

1. バージャー病

血管性の病気で四肢の血管が血栓でつまり、手、足がチアノーゼをおこし、放置していると壊死をおこし切断を余儀なくされます。喫煙の習慣がある男性に多くみられます。

2. レイノー病

寒冷により手の冷感、チアノーゼが認められ、女性に多く、機能性血管病変といわれています。

3. 末梢神経損傷(カウザルギア)

手術あるいは外傷で神経損傷がおこると『痛みの悪循環』が生じ、傷口が治っても負傷部位を触るだけで痛みがおこる状態をカウザルギアといいます。初期より適切な治療が必要となります。

4. 痺れ(変形性頚椎症、頚椎椎間板ヘルニア)

変形性頚椎症、頚椎椎間板ヘルニアで神経根が圧迫されると肩から手にかけてのシビレ感、痛みがおきてきます。この状態では神経ブロックの絶対的適応となります。

ページの先頭へ移動する