トップページ
院長挨拶
院長挨拶
院長プロフィール
自然治癒能力の向上を目指して
院内紹介
当院のご案内
アクセス
リハビリスタッフ
ペインクリニック 適応疾患・診断コーナー
メディカルフィットネスクラブ ウェルネス葛西
医療法人社団順公会 白石整形外科内科クリニック 03-5679-5711 〒134-0083 東京都江戸川区中葛西5-41-16 フローラル中葛西V 1F
頚(くび)

下記疾患には血の巡りを良くする交感神経ブロックのなかで星状神経節ブロックが適応となります。

1. むち打ち症(頚部捻挫・頚部挫傷・外傷性頚部症候群など)

追突事故などで強い衝撃を受けると靭帯が伸びたり、何かの影響で神経根に圧迫があったり、左右の筋肉の働きに「ずれ」が生じ、自律神経や血管に大きく影響を及ぼし、身体の不調をきたす事をむち打ち症といいます。

むち打ち損傷の治療でおもに使用する神経ブロック療法
  「星状神経節ブロック」、「頚部硬膜外ブロック」、「肩甲上神経ブロック」

 むち打ち損傷について

むち打ち損傷の症状

むち打ち治療の
現状と問題点

従来の治療
精神ブロック療法

よくあるご質問
Q&A

2. 変形性頚椎症 変形性頚椎症

加齢による変化で、痛みや痺れなどの症状がなければ心配いりません。肩から手にかけての鈍痛や痺れを感じたら要注意です。首を後ろに反らす動作で症状の増悪がみられます。

3. 頚椎椎間板ヘルニア

椎間板が後方に突出することにより、神経が圧迫され、首・肩の痛みや手のシビレ感・痛みが生じます。重症になると、歩行障害を生じることもあります。

4. 後縦靭帯骨化症 後縦靭帯骨化症
ページの先頭へ移動する